ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

雨の日に・・・

去年の暮れに自転車が壊れちゃって、雪が降るから春まで寝かせて置いたんだ。

ホームセンターで買った自転車だけど、気楽に乗れるから壊れる度にパーツ交換して18年くらい乗り続けてる。

 

 

ギアとチェーンが磨耗していたんで交換して・・・

 

 

ついでにシフトやグリップ、ケーブル関係も総取替えしてもらった。

新品のように生まれ変わったお気に入りの自転車でGWは円山周辺のcafe巡りに出かけた。先日の日曜日も石山緑地まで行ってみようと計画してたのだけど・・・あいにくの雨でね。予定を変更して定山渓まで車でドライブしてみたさ。

 

 

定山渓と言っても目的は温泉じゃなくて、cafe目当て♪

 

 

初めて来るトコなんだけど、ネットでたまたま見つけて気になってたのね。

 

 

入り口からして好みの雰囲気。

 

 

店内は落ち着いたインテリアで蒔きストーブが更に好印象。

 

 

土禁の店内の各席にはラグが敷かれているので冬でも暖かそう。

 

 

カウンター席も居心地が良くてお店の雰囲気を楽しめるのでお勧めかな。

 

 

洒落たアルコールランプは夜になると灯されるのかもしれない。

 

 

アップルパイが美味しいらしいんでオーダーしてみたら、これがまたお洒落な盛りで感激♪ 砂糖で店名まで入ってるのは驚いた。

お店の雰囲気や場所、メニューのどれを取っても、わたしの中のcafeランキングでは上位決定!!

 

 

自転車で石山緑地には行けなかったけど・・・

天気が悪かったお陰でお気に入りスポットを発見出来て、ご機嫌な一日だったなぁ~♪
 

にほんブログ村 その他趣味ブログ タロット占いへ
にほんブログ村


タロット占いランキング

 

 

 

アプリのご紹介

今日は、わたしがスマホに入れている便利なアプリを紹介します。

 

タロット占いのアプリは色々ありますが、『Beautiful Tarot』は電子タロットデッキと呼べるほどの出来です。何がスゴイのかと言えば、シャッフルが任意で行なえるのは当然ですが、スプレッドも任意で自在に展開することが出来る点です。実際にその辺を写真で見てみましょう。

 

 

アプリを起動した直後の状態です。

画面下部の中央にデッキがあります。シャッフルするには右側の黒いモシャモシャしたマークをタップするとカードが画面一杯に広がってから元の位置に自動で戻ります。ちなにみ1タップで1シャッフルされるので何度もタップすると、その回数分のシャッフルが行なわれます。カットについてはデッキを任意の束ごとにいくつかの山に分けるのが本来ですが、このアプリはそこまでの事は出来ません。けれど、デッキからカードを抜き出す箇所は任意で操作できます。一番上のカードを左右のどちらかにスワイプするとデッキの下に移動しますので、展開する時は一番上から抜いても良いですし、何枚かずらしてから抜き出す事も出来るのです。わたしはシャッフル後、七枚目のカードを抜き出すようにしています。

 

任意で抜き出したカードををスワイプしながら展開したい位置で指を離すと、その位置にカードが配置されます。

 

 

配置したカードをタップすると表を向きます。

 

 

同じ要領で次のカードを配置していきます。

 

 

写真はスリーカード+キーカードを展開したものです。

 

 

ケルト十字はカードを横向きに置く事が出来ないので重ねて配置します。

 

 

スプレッド全体の拡大(任意の大きさには出来ず、設定された大きさになるだけ)も出来ますし、カードをタップすると、そのカードのみ画面より一回り小さいサイズまで拡大されます。他の機能としてはデッキを三種類から選べたり、大アルカナのみ、正位置のみの設定、展開した画面の保存等も出来るようになっています。このアプリの難点をあげるとしたら操作説明もカードの意味も全て英語表記になっていることぐらいです。操作に関しては直感的に分るようになっていますし、カードの意味はネットや書籍で調べることは出来ます。リアルのデッキ同様なので難点とは言えないかもしれませんね。

 

アプリと聞くと結果も自動で表示してくれると思われがちですが、リーディングは自分でしなければなりません。

 

リアルのデッキは数千円台~ですが、このアプリは240円。デッキが劣化することも無く、持ち運びの煩わしさもありません。占いたい時に気軽に占える便利なアプリです。使い始めて2年経ちますが満足できるレベルなので、お手軽なデッキをお探しの方にお勧めします。

IphoneでしたらApp Storeで『Beautiful Tarot』と検索すると出てきます。

 

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ タロット占いへ
にほんブログ村


タロット占いランキング

 

 

 

横向きに置いたカードの正位置は?

ケルト十字で横向きに配置するカードがありますが、正位置(上)は左右のどちらなのか疑問に思われたことはないでしょうか。わたしが初心者だった頃に迷ってしまったので、今日はそんな疑問についてお話しします。

 

 

 

結論からお伝えすると『占者の決めた方向が正位置』となります。文章よりも写真の方がわかりやすいので、以下で手順をお伝えします。

 

 

 

まず、シャッフルとカットを終えて一束にまとめた状態です。この状態だと上が正位置になります。

 

 

 

ケルト十字は派生が多く、同じ形でも位置の名称・展開順序はまちまちになりますが、わたしの場合は『現在』を配置した後、『キーカード』として横向きのカードを置きます。写真は正位置の部分を右手で抜き出しているところです。

 

 

 

 

 

 

写真の状態だと右が正位置(上)になります。利き手や束からカードを抜き出す際に、どこを持つかで人によって方向は変わると思いますが、多くの場合は一定の抜き出し方をされるでしょう。ご自身の展開のクセを自覚しておくと左右のどちらが正位置(上)なのか迷わずに済むと思います。

 

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ タロット占いへ
にほんブログ村


タロット占いランキング

 

 

 

わたしが思う占い

子供の頃、おばあちゃんっ子だったわたしは学校が長期の休みに入ると泊りがけで祖母の家へ行くのが恒例の行事だった。

 

 

祖母の家の近所には同い年くらいの子供が居なかったので、泊りに行く時はお気に入りの本を持ち込み、部屋でのんびり読書をしたり近所を探検して過ごしたものだ。大人になった今でも、その辺はあまり変わらない。気に入った本は何度も繰り返して読む子供で『その日』も持参した本を読んでいた。

 

 

ひととおり読み終えて少し退屈したのだろう。部屋の片隅に積まれていた祖母の女性週刊誌をパラパラめくると占いの特集があった。中世のヨーロッパ風の絵が描かれた大アルカナ22枚とキーワードが書かれており、ケルト十字を用いた占い方が解説されていた。

 

 

不思議な魅力に惹きこまれ、スグに試してみたくなったわたしは、大アルカナが印刷されたページをハサミで切り取り、厚紙にのり付けしてタロットを自作した。

 

 

11歳の子供だったので象徴的解釈など知るはずもなく、ケルト十字の『最終結果』の位置に出た札のみで判断していた。もちろん、判断などと言っても漠然としたイメージで良いか悪いかを捉える程度でしかない。リーディングとは言えないお粗末なものだったけれど、魔術を使っているようで楽しかったのだ。今、記事を書いてて思い出したけれど、心配事があって占ってみたら・・・その結果は『幼稚な○○○○○』だった事がある。質問の内容自体が幼稚だと札に言われ、急に冷静になった事を思い出した。今振り返れば、あの当時からタロットは常に的確なメッセージを発していたのかもしれない。子供だったこともあって、それに気付くまでかなりの年数を必要としたが。

 

 

当時、わたしが思う占いとは未来透視の意味が強くて、予言を与えてくれるモノと認識していた。タロットに関しては予言+呪術的なものまで含まれていると思い込んでいたくらいだ。(←11歳の子供が考える事なので笑って読み流して下さい)新聞・雑誌・インターネットなどの占いは、未来透視的なモノ(相性診断、○○年後のあなた等々を含む)が多いし、世間一般で占いと言えば大多数はこのイメージなのだと思う。わたし自身も、そう思っていた。

 

 

けれど、今は違う。考えが変わったキッカケは前回の記事みたいな事があって、少しずつ今の考えに至ったのだけど。

 

 

占いとは何か?の問いに未来予知と答えるなら、それはそのとおりかもしれない。けれど、それで本当に良いのだろうか?占いによって新たな苦悩や不安が増えても良いのだろうか?そもそも、占おうとした発端はなんだったのだろう?望み(不安の裏側には望みがある。望みがないなら不安もない。)があるから占いたくなるのではないだろうか。不幸しか存在しない未来だとしたら、そこにどんな生きる意味があるだろう。占いとは未来を決め付ける残酷なものだろうか?そんな疑問がフツフツと湧いたことでネガティブなメッセージの裏側に意識が向くようになった。すると、そこには望みを叶える為の助言や忠告しかない事に気付いたのだ。そして、この気付きこそが今のわたしのリーディングの基礎ともなったし、占いに対するイメージさえも変えてしまった。

 

 

占い(タロットに限定した個人的な感想)は、啓発のようなものに思える。質問者が気付けていない部分を伝え、自らのチカラで問題を克服できるよう、高い意識へと向かわせてくれる。それはまるで尊敬する人物に相談するかのようだ。意思を持たないハズの道具が何故、的確なメッセージを伝えられるのか不思議だけれど、わたしは的を得たメッセージを示すタロットを信頼している。

 

 

 

 

占いとは何か?そんな事を想いながら札を並べてみた。

 

 

 

ネガティブな状況に陥ると冷静な判断や思考を失いがちになる事もあります。不安が不安を呼び、悪いことばかり考えてしまうような感じです。実際に何かを失い、失意のどん底に落ちることもあるでしょう。悲しい事、辛い事は生きていれば何度となく遭遇するものです。でも、過去を振り返ってみて下さい。今までそうした出来事の後どうなったでしょう。失ったものは二度と元には戻らなかったかもしれませんが、別の何かを手に入れたのではないでしょうか。失ったものと同等か、それ以上のものを。それが出来たのは他のものを失っても、『望み』をなくしてはいなかったからです。可能性に目を向けて再び歩き始めたから手にすることが出来たのです。かたく閉じたまぶたを開いて自己の中にある光の存在に気付きましょう。

 

 

占いとは、光を見失ってしまった時に再び光を見出し、それを手にする方向を示すもののようだ。

 

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ タロット占いへ
にほんブログ村


タロット占いランキング

 

 

 

ネガティブなものが気付かせてくれる

タロットカードは人生で起こりえる出来事のすべてが描かれていると言われています。そうなると良い事も悪い事もあるのが人生ですから、占いの結果も良い事ばかりではありません。時にはネガティブな札が並んでしまい、『あぁ、やっぱりダメなんだ』と落ち込んだりもします。

 

 

わたしが今よりも若かった頃の事なんだけど・・・

 

 

何かを占いたいと思う時は、こうなって欲しいという望みがあって、どうなるか分らない時なんですね。不安って言うんでしょうか。それを少しでも和らげるようなモノを求めていたのかもしれません。良い結果だったら根拠は無くてもなんだか安心したんですよ。そして、『よし!頑張ろう!』って思えましたし・・・。ところが悪い結果だったりしたら、『あぁ、ダメか・・・』と落胆したものです。

 

 

そんな感じの自分占いをしていたのですが・・・

 

 

いつの頃からか悪い結果が伝えている事の裏側に意識が向くようになったんです。たとえば、ワンドのキングRが強烈な主張をしているスプレッドだったりしたら・・・

 

【わたしなりの解釈↓】

 

この王と謁見すると、言葉を交わさずとも全てを理解するでしょう。炎の支配者から伝わってくるオーラの凄まじさに身動きひとつ出来なくなるかもしれません。己の信じる正義に忠実な言動からは気迫すら伝わってきます。正位置、つまり長所として捉えるならば情熱的、活動的であり、すがすがしさや人懐っこさ、一生懸命さを感じますが長所は短所ともなり得るものです。情熱的であるという事は、ひとつの方向に想いが向いている状態。それは、周囲が目に入らない状態でもあります。もしかしたら他者への配慮に欠く言動を取ってしまいがちになっているかもしれません。真っ直ぐであることは正直でもあるけれど、正直なのがいつも正しいとは限りません。それによって傷付く人もいるのです。情熱的だから真剣味が増して気迫となります。気迫は、ある人にとって威圧的と取られることもあります。

 

【↑解釈ここまで】

 

 

これに似た要素が自分の行動や考えに無いか探してみると、周囲の状況が目に入らず、自分の想いだけで突っ走ってる部分があるんですね。もし、これが原因で望みが叶わないとしたら、至らぬ点を正せば良いんじゃないかと思えたんです。それに気付けた事で読み方が少しずつ変わりました。

 

 

 

たとえば、この展開だと『傍若無人な振る舞いによってチャンスを逃す』となりますが、裏を返せば『行き過ぎた言動を控えるとチャンスを掴む可能性はある』と、なります。

 

 

ネガテイブな結果が伝えている事とは、望みを叶える為の助言や忠告だと思えるようになった訳です。この考えが固まった頃、それまで抱いていた占いのイメージが変わりました。それはまた別の機会にお話ししますね。

 

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ タロット占いへ
にほんブログ村


タロット占いランキング

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です